親の介護で介護保険の要介護・要支援の違い

親の介護で気になるのは「要支援1」から「要介護5」までの、どの判定を受けるかでは?

 

要支援と要介護の違いは分かりにくいですよね?

 

介護保険の要介護・要支援の違いをお伝えします。

 

要支援認定

要支援認定とは、介護までは必要ではないが、いずれ要介護になる可能性が高い状態であるとの判断結果です。

そこで、要介護にならないように、介護予防サービスが利用できます。

ケアプランは地域包括支援センターが作成します。

介護予防サービスでは、居宅サービス(在宅で利用するサービス)と市区町村が提供する地域密着型サービスがあります。

 

要介護認定

要介護認定とは、介護が必要であるという判断結果です。

居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスの全てが利用可能です。

ケアプランはケアマネジャーが作成します。

 

要介護度(要支援・要介護)で大きく異なる点

認定結果は大きく、「要支援認定」と「要介護認定」に分かれます。

要支援認定を受けた場合は、施設サービス(介護保険施設で暮らしてサービスを受ける)を利用できません。

要介護認定を受けた場合は、施設サービスを利用できます。

ただし、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)については、原則要介護3以上でなければ利用できません。

 

要介護度 要介護認定等基準時間 状態のめやす
要支援1 25 分以上32 分未満 身の回りのことや日常生活は基本的に自分でできるが、要介護状態を予防するために一部支援が必要
要支援2 32 分以上50 分未満 立ち上がりや歩行が不安定で、要介護状態を軽減し、悪化を防止するために日常生活の一部に支援が必要
要介護1 立ち上がりや歩行が不安定で、排せつ、入浴などに一部、介助が必要。ひとりで外出するのが難しい。問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護2 50 分以上70 分未満 立ち上がりや歩行などが自力で困難なことが多く、起き上がりが困難。排せつや入浴などに介助が必要。問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護3 70 分以上90 分未満 起き上がりや寝返りが自分でできないことも多く、日常生活全般に介護が必要。特養への入所が可能となる。いくつかの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護4 90 分以上110 分未満 寝たきりではないが、自分でできないことがさらに増え、介護なしに日常生活を送るのが難しい。多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護5 110 分以上 ほぼ終日、ベッドで寝たり起きたりの状態。日常生活全般にわたり、全面的に介護が必要。多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

 

 

介護保険の要介護・要支援の違いまとめ

 

要介護度は「要支援1」から「要介護5」までの7段階です。

 

要支援1から要支援2までは身体面での衰えだけに対応します。

 

精神面での判断は要介護1以上から含まれます。

 

要支援・要介護の違いを知って、上手に介護保険サービスを使えるといいですね

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました